Categorized under: 未分類

セードル監督は退団かもしれない

来期までは安泰と思われていたACミランのセードルフ監督でしたが、今季限りでチームを追い出されそうな空気が流れ始めています。
私の印象では監督自身初めて人に裏切られた感、があるようにさえ見えました。
これまで選手時代から我がまま放題でやってきたセードルフ氏でしたが、勝つためにはお気に入りの本田すらはずさざるを得ない立場になってるようで、私まで来期の続投はなさそうとの感触を得てしまったといっていいでしょう。
今年の1月に監督になって欲しいと、請われるようにブラジルから呼ばれた時には、まさかこんなことになるとは彼自身も全く想像してなかったと思います。
その時の順位より下らなければ、責任は問われないと思っていた節があるのですが、そうは甘くなかったようです。
今は完全に責任を追及される立場になってるのですからね。
コーチすらやったことのない素人同然の監督に対する言葉としては、あまりにも情け容赦のないものに、思えたのではないでしょうか。
しかも元会長が老人ホームでボランティアなどさせられている現状をみると、セードルフに鬱憤のたまった元会長の不満の矛差きが向かっても、不思議ではないような気がしてしまいました。スイカお取り寄せ

Comments are closed.